本日(1月30日)、余市町浜中モイレ海水浴場沖で今年初めての群来が確認されました‼️群来とはニシンが産卵のため岸に大群で押し寄せ、産卵・放精によって海の色が乳白色になる現象をいいます。昨年は余市町で群来を確認することが出来なく心配しておりましたが、今年は一安心です。画像では少し分かりづらいのですが、テトラポットと水平に海水の色が乳白色に変わっています。群来は昭和29年を最後に途絶えていましたが、余市町では平成25年頃から再び確認されるようになりました。これはニシンの再来を願う漁業者さん達の想いから、ニシンの資源回復を目指した様々な取組がされてきたおかげです。また「春告魚(はるつげうお)」とも呼ばれるように、これからが旬のニシンです!みなさん旬の時期に旬の魚を食べましょう!

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.