昨日12/14、道の駅みなとま~れ寿都にて「クリスマス&お正月リース作り」のワークショップが行われ、町民10名が参加しました。
“木育活動”のひとつとして行われているこの企画は昨年に続き2回目。この企画を始めた大崎千恵子さんと寿都町産業振興課の土開さんは、木工作を楽しみながら「森林学習」を学び、近い将来子どもたちと一緒に楽しめたら…という思いがあるそうです。
昨日は、土開さんが寿都町の山葡萄のツルを手で丸くしてくれたものを土台に、松ぼっくりや栗などを使って参加者は楽しみながら思い思いのオリジナルリースを完成させました!
どのリースも個性があってとっても素敵ですね✨私も夢中になって作りました)^o^(
“木育”が子どもたちに伝わり広がっていくことを願っています!

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.