■切り絵小樽建物展(11/28~12/1 市立小樽美術館市民ギャラリー)
https://otaru.gr.jp/tourist/kirieotarutatemonoten-takahasieturou2019
◇11月28日(木)から小樽市美術館1階市民ギャラリー1にて
高橋悦郎さんの「切り絵小樽建物展」が開催されています。
元教員の高橋悦郎(79歳)さんは教員時代に浜中町で切り絵の手法を学び、
小樽で約50年展覧会の出展、指導に携われ、
退職後は、以前から切り絵小樽の建物や老舗の店などを
ライフワークとして取り組み47年間で約800枚の作品を手掛けられました。
今回の展示会では建物の小品400枚の中から約190点を展示。
高橋悦郎さんは40年余りの作業の中で、
次々に閉店、閉業、廃業を知るたびにさびしい思いもしますが、
小樽には再利用(特に石造りの建物)が多く、
観光の一助になっているものもあります。と話されました。
展示作品には建設時の名称とその後の変換も紹介されています。
今はもう解体されてしまった建物など懐かしいものも数多くありました。
展示会は入場無料です。最終日の12月1日(日)は15:00迄の展示です。

● ● ● 切 り 絵 小 樽 建 物 展 ● ● ●
・開催日:2019年11月28日(木)~12月1日(日)
     10:00~17:00 (最終日15:00まで)
・会 場:小樽市美術館市民ギャラリー1 (小樽市色内1-9-5)
     https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/
・問合せ: 0134-34-0035 (小樽市美術館)
・入場無料

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.