■『市立小樽文学館企画展
  「シナリオライター・石山透と少年たちの60年代」
  &ギャラリートーク「ふしぎな少年と手塚治虫 」』
https://otaru.gr.jp/tourist/bunngakukangyarari-to-ku2019413
◇市立小樽文学館で開催中の
小樽出身のシナリオ作家・石山透さんの企画展
『テレビとマンガがクギズケだった。-
 シナリオライター・石山透と少年たちの60年代 』
をご紹介します。
関連事業でギャラリートーク「ふしぎな少年と手塚治虫」もあります。
観覧無料、ギャラリートークも無料です。
展示品が多く見ごたえがあり、楽しくわくわくする空間です。

●『テレビとマンガがクギズケだった。-
  シナリオライター・石山透と少年たちの60年代 』●
http://otarubungakusha.com/exhibition/2019023448
・ 日時:3月23日(土)~5月12日(日)
     9:30~17:00 (入館は16:30まで)
・ 休館日:月曜日(4月29日・5月6日は開館)
     5月7日(火)~10日(金)
・ 入館料:無料
     (市立小樽文学館無料スペースにて展示)
・ 協力:手塚プロダクション
・ 後援:小樽文學舎

◇ 関連事業 ギャラリートーク ◇
「ふしぎな少年」と手塚治虫
 — テレビとマンガにおけるSF時代の夜明け
   黒沢哲哉(著作家・編集者)
・日時:2019年4月13日(土) 18:00より
・場所:市立小樽文学館企画展会場
・入場無料

●市立小樽文学館 
 小樽市色内1丁目9番5号
 (日本銀行旧小樽支店金融資料館向かい)
 ☎ 0134-32-2388

▶市立小樽文学館ブログ
 「小樽文学館 口口 西日珈琲 口口」
https://otabunoto.exblog.jp/

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.