■文化庁メディア芸術祭 小樽展…デジタルアート公開実験(運河プラザ中庭)
https://otaru.gr.jp/tourist/bunnkacyomedeiageijutusai-ungapurazadigitalart
◇2020年1月11日(土)から
文化庁メディア芸術祭 小樽展
「メディアナラティブ~物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」
(1/11~1/26)が、
運河プラザ.小樽市産業会館.小樽市立文学館.市民センターマリンホールの
4会場で開催。入場無料です。
◇今回は運河プラザ中庭で予定されているイベントをご紹介します。
文化庁メディ芸術祭小樽展の最後のおたのしみは
本展エグゼクティブアドバイザーを務める
水口哲也氏率いるシナスタジアラボが、
手掛ける巨大なサイバークジラが運河プラザ中庭の雪原に現出します。
昨年、巨大な地下採石場でいちにちだけ発表された、
空間を泳ぎ、鑑賞者と反応するクジラが出没する巨大なデジタルアート。
この限られた人だけが目撃したクジラが、小樽の雪原の上に現れます。
雪に投影する巨大デジタルアートの実験、
日本のトップクリエイターチームによる、
小樽だからできる新たなアート誕生の姿を目撃できます。

● 雪の上に展開するインタラクティブなデジタルアート
 「シナスタジア・ホエール(共感覚鯨)」
・公開日時:2020年1月25日(土) 16:30 (日没) ~ 20:00
      2020年1月26日(日) 16:30 (日没) ~ 18:00
・場  所:小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)中庭
      文化庁メディア芸術祭三番庫会場横
      (小樽市色内2丁目1-20)
・入 場 料 :無料
注意:本展示は、デジタルアート作品の実験的制作として
   実施するものです。そのため、制作風景を含めた公開となり、
   状況によっては作品としての完成をみない場合もあります。
   また、制作の進捗および会場の気象等の状態により、
   公開を制限する場合もあります。

シナスタジア・ホエール画像は
昨年、巨大な地下採石場で開催されたものです。

◇文化庁メディ芸術祭小樽展運河プラザ三番庫会場も
2020年1月25日(土)は20:00まで開館しています。
ゆっくりお楽しみ下さい。
◆ アートとサイエンスが織りなす作品を展示 ◆
・日 時:2020年1月11日(土)~1月26日(土) (会期中無休)
     11:00~18:00
     2020年1月25日(土)は20:00まで開館
・会 場:運河プラザ三番庫(小樽市色内2丁目1番20号)
・内 容:アートとサイエンスが織りなす作品を展示
・展示作品
● 児玉幸子
『雲の路(みち)』『コミュニケーションの泉』
『モルフォタワー』『呼吸するカオス』
● チームラボ
『百年海図巻 アニメーションのジオラマ』
● 後藤映則
『CROSSING #03』

◇本件に関する問い合わせ先HP
文化庁メディア芸術祭 小樽展事務局
https://otaru2019.j-mediaarts.jp/
PR担当 (クリプトン・フューチャー・メディア株式会社内)
E-mail: cfm_pr@crypton.co.jp
(企画内容について)
文化庁メディア芸術祭 小樽展 小樽事務局
E-mail: otaru@creativecluster.jp

● 運河プラザ三番庫
北海道小樽市色内2丁目1番20号
https://www.google.com/maps/place/%E5%B0%8F%E6%A8%BD%E5%B8%82%E8%A6%B3%E5%85%89%E7%89%A9%E7%94%A3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6/@43.2002533,140.9984725,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x5f0ae1b2d1490bab:0x2d9243f42ad1ffe4!8m2!3d43.2002533!4d141.0006612

◎2020年1月25日(土)は運河プラザ一番庫で
小樽ゆき物語のキャンドルバーが19:00~22:00に
開催されます。併せてご利用ください。
小樽ゆき物語
https://www.snowstory.info/
キャンドルバー
https://www.snowstory.info/candlebar

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.