■文化庁メディア芸術祭 小樽展…シンポジューム「ナラティブシティ・創造都市小樽の可能性」(1/13)
https://otaru.gr.jp/tourist/bunnkacyomedeiageijutusaiotaru-sinpo1-13
◇文化庁メディア芸術祭 小樽展
シンポジウム「ナラティブシティ・創造都市小樽の可能性」のご案内です。

◆シンポジウム「ナラティブシティ・創造都市小樽の可能性」
https://otaru2019.j-mediaarts.jp/event/201912263event.html
・日 時:2020年1月13日(月・祝) 15:30~
・参加費:無料
・場 所:小樽市民センターマリンホール
      (小樽市色内2丁目13番5号)
・話し手
佐々木雅幸
(創造都市ネットワーク日本顧問、文化庁地域文化財創生本部主任研究官)
山重徹夫
(クリエイティブディレクター、「中之条ビエンナーレ」総合ディレクター)
迫俊哉
(小樽市長)
福島慶介
(デザイナー・文化庁メディア芸術祭小樽展シンボルグラフィック制作・N合同会社)
岡田智博
(文化庁メディア芸術祭小樽展ディレクター)
◇地域の魅力を文化を通じて磨くことにより、持続的成長を実現する
「創造都市」の動きが世界の様々な場所に新たな豊かさをもたらしています。
物語を多く生み出してきたナラティブ溢れる小樽、
そして北後志には、そのチャンスがあります。
その「創造都市」の可能性を世界で活躍するリーダーで
かつ小樽に思い入れのある話し手とともに語り合います。
話し手佐々木雅幸氏は創造都市について、
「市民の創造活動の自由な発想における創造性に富み、
同時に脱大量生産の革新的で柔軟な都市経済システムを
備え、グローバルな環境問題や、あるいはローカルな地域社会の課題に対して、創造的問題解決を行えるような『創造の場』に富んだ都市である。」
と著書にて綴っています。
そして山重徹夫氏が今年総合プロデューサーを務めた
「中之条ビエンナーレ」は
群馬県中之条市で2007年に初開催され7回開催しています。
これまで参加した海外作家を含めた多くの参加者と
地域住民との交流が行われてきました。
イベントや移住してきた作家の異文化に触れた地域の方々は、
地域特有の文化を他者からの目線がどうであるかを知る
重要機会となっています。
地域とアートが共存することに大きな可能性と
価値を生み続けているイベントです。
受け手である小樽市の迫俊哉市長や
メディア芸術祭小樽展岡田智博ディレクターとの
ディスカッションで生まれるナラティブには
小樽のどのような未来の可能性が映るのでしょう。

◇本件に関する問い合わせ先HP
文化庁メディア芸術祭 小樽展事務局
https://otaru2019.j-mediaarts.jp/
PR担当 (クリプトン・フューチャー・メディア株式会社内)
E-mail: cfm_pr@crypton.co.jp
(企画内容について)
文化庁メディア芸術祭 小樽展 小樽事務局
E-mail: otaru@creativecluster.jp

画像「中之条ビエンナーレ2019」は
文化庁メディア芸術祭 小樽展HPよりお借りしました。

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.