2月9日(土)、郷の駅ホッときもべつ向い特設会場で「シーニックナイト2019inきもべつ」が開催されました。
参加者は、スノーキャンドル製作を行い、暗くなり始めるとキャンドルに点灯しました。厳しい寒さでしたが、風がなく、点灯したキャンドルはイベント終了まで灯りつづけました。
今年は、会場に雪の滑り台とウサパラくん雪像が設置されました。来場した子どもたちは、大歓声をあげながら何度も何度も滑り降り、滑り台を楽しんでいました。
また、会場ではジンギスカンや生ビールなどの販売、しらかば会による豚汁の無料提供のほか、クレープやカレーなど町外からの出店もありました。
18時30分には、子どもたちのカウントダウンとともに花火が打ち上げられ、喜茂別の真冬の夜空を彩りました。
ご参加いただいたみなさま、そして、運営にたずさわられたみなさま、ありがとうございました!

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.