古平町出身の中華料理のシェフ宮本荘三さんが監修し、老舗水産加工会社「ヤマダイふじた」が手掛けた新商品「ふるびら南蛮たらこ」を12月から販売が開始しました。

この商品は町のご当地グルメ開発プロジェクトの一環で考案されました。ご当地グルメ開発は2018年の開町150年事業として行われており、地域総合整備財団(ふるさと財団、本部・東京)の助成金を受け、同社も製品化に協力しております。

  • LINEで送る
  • twitter
  • Facebook

Leave a Reply

Your email address will not be published.